「d払い」で「dポイント」40倍の破壊力!一体、いくら使うのがお得?

今回は、NTTドコモが3月1日から実施する「d払い」で「dポイント」40倍付与という超おトクなキャンペーンを紹介する。

「d払い」とは?「iD」との違いは?

その前に、そもそも「d払い」が何かを説明する。

KLIP!
ドコモって「iD」を推してなかった?もうやめたの?

「d払い(/ドコモ払い)」は、ネットショッピングや店頭での支払いを月々のケータイ料金と合算して支払える、ドコモの決済サービスのことを言う。

ポイント進呈率は、ネットと店頭で異なり、ネットショッピングであれば、100円で1ポイント、リアル(店頭)であれば、200円で1ポイントとなる。たまったポイントは1ポイント1円として使える。

利用方法は、ネットの場合、生体認証がメインで、アプリ上で完結。店頭での支払いの場合は、流行りのQRコード決済となる。

ちなみに、ドコモは「iD」と呼ばれる支払手段も提供しているが、こちらはスマホなどに内蔵されているFeliCaを専用端末にかざすことで利用が可能。キャッシュレス化の流れでは同じだが、その利用方法が異なり、同社をはじめ、世間の流れとしてはいま、QRコード決済が注目されている。

KLIP!
「d払い」=QRコード決済、「iD」=Suica的なレジでかざす決済手段って考えておくと良いかも。

余談にはなるが、このQRコード決済、現時点では逐一アプリを開かなければならないため面倒。

Apple Payなど、FeliCaを利用する非接触決済のように、タップのみで表示に到らない限りはなかなか普及しないと感じる。

KLIP!
とにかく、おトクなキャンペーンが展開されている時は、各社のQRコード決済を使うに限る(鉄則)。

「d払い」で「dポイント」40倍還元を受けるには?

さて、本題だが、今回の「d払い」。キャンペーン対象となるのは、店頭での決済限定となる。

KLIP!
ネットショッピングはキャンペーン対象じゃないので要注意。Amazonとかメルカリとかで買っても、意味ないよ。

3月1日から3月31日の期間に開催されるわけだが、「d払い」アプリを保有していない場合は、まず同アプリをダウンロード、インストールしてしまおう。

その上で、3月1日から3月31日の期間に、キャンペーンにエントリー。街の対象店舗にて「d払い」で支払うと、利用金額に応じて、「dポイント」が通常の40倍(通常ポイント+キャンペーンポイントとして39倍分)還元される。

なお、「髙島屋」はキャンペーン対象外となっているので注意が必要だ。その他、リアルで使える店舗はすべて対象となる。

いくら使うのが一番おトク?

今回のキャンペーンだが、実は付与ポイントに上限がある。

それは、5,000ポイント

つまり、今回のキャンペーンを最大限味わいたいという場合は、25,642円の買い物を「d払い」で購入すればよいということになる。

なお、キャンペーンポイントの付与は2019年5月末(予定)。有効期限は7月31日となっているので、せっかくゲットしたキャンペーンポイントを失わないように注意。

「dカード」は持っておいて損のないカード

世間では「楽天カード」が注目されがちだし、実際自分も楽天カードをメインに使っているが、ドコモユーザーであってもなくても、「dカード」は持っておいて損がないと言えるクレジットカードの1つ

先ほど紹介した「d払い」のキャンペーンもそうだが、今後はユーザー囲い込みのため、「dカード」も絡めたキャンペーン設計にしてくる可能性が高い

現に、LINEは「d払い」と同じようなQRコード決済手段として「LINE Pay(ラインペイ)」を提供しているが、紐づけが可能なプリペイドカード「LINE Payカード」を持っていれば、よりポイントがたまりやすい(使う場所が増える)キャンペーンを以前展開していた。

KLIP!
とにかく、難しいことは考えずに「dカード」は持っておこうという話。

個人的に、ドコモユーザーではない場合におすすめしたいのは通常の「dカード」。初年度年会費無料に加え、2年目以降もカード利用で年会費無料になるので、忘れさえしなければ問題ない

また、入会と同時にポイントも結構もらえる点も魅力だ。

KLIP!
「d払い」の40倍還元キャンペーン、ぜひ参加すべし。
最新情報をチェックしよう!