ビットコインの価格が急騰!早くもバブルの再来なるか?

2017年に急騰し、その名を世間に知らしめた仮想通貨、そして、その代表格であるビットコイン。

市場は盛り上がったものの、その後は下落を続け、最高値250万円近くをつけていたものが、いつの間にか30万円で安定するようになってしまいました。その後、40万円付近をウロウロしていたのですが、ここ数日でまた50万円代後半まで盛り返しています。

一体、何があったのでしょうか?

あるメディアは3つの要因を指摘

まず、ビットタイムズは今回の価格上昇の要因として、次の3つを挙げています。

〇46万円の抵抗線を突破
〇ショートポジションの「大量ロスカット」
〇重要指標「200日移動平均線」を上抜け

もちろん、言っていることは正しいでしょうが、いずれもテクニカルな要素が強いですね。

市場が何の買い要素に反応して今回の上昇に至ったのかは、分からないということでしょうか?

アクティブウォレット数が急増の怪

価格が上がるためには、買いが入る必要がありますが、これについて、コインテレグラフはブルームバーグからの情報として、アクティブウォレット数が急増した(=個人投資家が復活または新たに登場した)と伝えています

多くの人が、今回の上昇の前にビットコインを購入すべく、その準備を始めたと取れますが、どうしてその人たちは、このタイミングでビットコインを購入しようと目論んだのでしょうか?

今回のようなアクティブウォレット数の急増は、大口投資家の介入ではなく、個人投資家が戻ってきたという見方が良さそうですが、果たして・・・?

ちなみに、海外ではロイター通信が『Bitcoin jumps 20 percent, mystery order seen as catalyst』という記事の中で、約1億ドル(約111億円)もの注文が、3つの海外取引所でアルゴリズムを使って行われたことを指摘しています。

先の個人投資家たちは、この大口の買いに左右されて舞い戻ってきただけなのか、そうではないのか。釈然としない仮想通貨市場の上昇ですが、真相をつかむにはもう少し様子を見たほうが良さそうです。

世界的な金融緩和政策の結果?

個人的に、今回のビットコイン価格の上昇理由として、最も説得力がありそうだと感じているのは、マネックス証券の大月氏も指摘する、世界的な金融緩和政策の結果という見方です。

米FRB(連邦準備制度理事会)が利上げを見送り、世界的に金融緩和の路線へ。これにより、変動の少ない為替の代わりに、ボラリティの大きな仮想通貨市場、特にビットコインに資金が流れたというものです。

今回のビットコイン価格の上昇、今後一体どちらに振れていくのでしょうか?

 

最新情報をチェックしよう!