ドラゴンはデナーリスとジョン・スノウのキスシーンをなぜ見つめた?--『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン8

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7で急接近したデナーリス・ターガリエンとジョン・スノウ。15日から世界同時配信がスタートした最終章では、2人の恋の行方(※実際の関係は伏せますが、この後触れざるを得ない文章もあります)も気になるところです。

最終章のエピソード1で気になったことの1つに、2人のラブシーンでドラゴンが2人を見つめたのかということがあります。これについて、米ヤフーが面白い考察をしているのでご紹介します。

ジョン・スノウとデナーリス・ターガリエンは、ドラゴンの不調にかこつけて、2人で別々のドラゴンに騎乗して人里離れたエリアに降り立ちます。そこで、注目のキスシーンが訪れます。

ゲームオブスローンズ ドラゴン ほほえんだ
(C)HBO

 

ゲームオブスローンズ ドラゴン ほほえんだ
(C)HBO

このシーンです。

ジョン・スノウはドラゴンから見つめられていることを明らかに気にするも、デナーリスに大丈夫とたしなめられます。

さて、ここでドラゴンのそれぞれの名前を思い出してほしいのです。

一番登場頻度の多いドロゴン、そしてレイガル、ヴィセーリオン……それぞれ、カール・ドロゴ(デナーリスの元夫)、レイガー・ターガリエン(ジョン・スノウの実父)、ヴィセーリス・ターガリエンからきていると推察されています。これは、今までの各種ドラマ考察でもたびたび触れられていた話です。

そして、これが事実であれば、それぞれのドラゴンは、各キャラクターの生まれ変わり。今回、ジョン・スノウはレイガルに騎乗しましたが、レイガルがジョン・スノウのもとに近づいたのは、こうした背景(※父親の生まれ変わり)があるものと考えられます。

それぞれのドラゴンの感情までは読めませんが、どちらかといえば、ドロゴンも見つめている・微笑んでいるという表現に近かったと思います。

デナーリス、そしてジョン・スノウが幸せそうな様子を見て亡き者たちは喜んでいたのではないでしょうか?

参照元:Yahoo!

ゲームオブスローンズ ドラゴン ほほえんだ
最新情報をチェックしよう!