【朗報】LINE Pay(ラインペイ)が大阪市水道局、東京ガスに対応

請求書支払いが便利になると評判のLINE Pay請求書支払いですが、このほど、大阪市水道局および東京ガスにも対応したことが発表されました。

公共料金・通販の支払いが便利すぎ

公共料金の支払いって、ついつい忘れがちになりますよね。その一番の原因は、コンビニなどに払いに行くのが面倒なこと。クレジットカード決済にしていれば良いのですが、その登録も結構面倒で億劫になってしまいがちです。

そんな公共料金の支払いに便利なのがLINE Pay。これまでも東京電力エナジーパートナーや、電算システム(収納会社)に対応していましたが、ついに大阪市水道局、東京ガスにも対応です。

おそらく、この二つは大都市圏の供給だけに、対象となる方は相当多いはず。待っていた方も多いでしょう。

使い方は簡単!コードリーダーで請求書を読もう

以下、LINEブログから使い方を引用します。

STEP 1)
LINEアプリからLINE Payを開き、「請求書支払い」をタップ

STEP 2)
案内を読んで次へ進むと、コードリーダーが立ち上がる

STEP 3)
お手元の請求書のバーコードを読み取る

STEP 4)
画面上に表示されたご請求内容を確認する

STEP 5)
支払いを行う

STEP 6)
パスワードを入力する

STEP 7)
支払い完了!完了時点でLINEアプリにお支払い完了のメッセージが届きます。

LINE Payを使い慣れている方であれば、おそらくすでに見たことがあるかもしれませんが、まずは「請求書支払い」機能をタップ。あとは画面の案内に沿って行くだけですので、正直苦労しないと思います。

LINEポイントの付与対象に

これが正直一番大きいと思いますが、請求書支払いも、LINE Payのポイント還元対象です。

税金はポイントが付かないとアナウンスされていますが、こうした公共料金であれば、マイカラーに応じたポイントも付与されるので、かなりお得です。

LINE Payの20%還元祭も対象

さらに、現在LINE Payでは「春の超Payトク祭」が開催されており、毎回20%分還元+もらえるくじ(最大2,000円相当) のWキャンペーンが適用されますが、請求書支払いも、もちろん対応。

同キャンペーンは3月31日までなので、手元に請求書がある場合はLINE Payでサクッと支払いましょう!

 

LINE Pay 請求書 ポイント
最新情報をチェックしよう!