【比較】LINE PayとPayPay、いま使うならどっちがお得?

現在、両者ともに20%オフの大還元キャンペーンを開催中のLINE Pay(ラインペイ)PayPay(ペイペイ)、一体どちらがおトクなのか?

今回は、それぞれのメリット、デメリットなどをまとめていく。

ギャンブル派はLINE Pay(ラインペイ)?

LINE Pay キャンペーン メルカリ

LINE Pay(ラインペイ)が開催しているのは、「春の超Payトク祭」、PayPay(ペイペイ)が開催しているのは、「第二弾100億円キャンペーン」。

いずれも、基本的には購入学の20%分がポイントバックされるという意味では同じだが、LINE Payは一人あたりの還元上限が5,000円相当、PayPayが一回あたりの還元上限が1,000円相当ということで、LINE Payの方が高額決済に向いている。

また、LINE Payでは、「もらえるくじ(最大2,000円相当)」が開催されており、これが結構アツい。

これは公式アナウンスされていないが、おそらくコード決済の方が当選確率は高め。しかも、100円のお茶を買って、2,000円相当のポイントバックがあったりもするので侮れない。

PayPayの方が当選確率は高め?

paypay
PayPayのCMはインパクト大

これは肌感覚だが、PayPayは1,000円相当までの全額還元が、10回に1回の割合で登場する。以前、ヤフープレミアム会員のみが参加できる、5回に1回の割合で当たるキャンペーンも展開されていたが、これも公式アナウンスどおりの当選確率だったので、10回に1回程度というのも嘘ではないだろう。

先のLINE Payの「もらえるくじ(最大2,000円相当)」では、購入金額以上のポイントバックが受けられることもあったが、大体は10円・100円相当が当選し、たまに1,000円相当、筆者は30回以上トライして、一度だけ2,000円相当に当選した。

そう考えると、安牌で狙いに行くならPayPayといったところだろう。

【試算】1000円の買い物を25回、合計2.5万円分の買い物をした場合

・LINE Pay
通常ポイント=5,000円相当が還元(満額)
「もらえるくじ」=10円が20回、100円が3回、1,000円が2回、2000円が1回当選したとして、4,500円相当が還元
合計、うまく行けば、9,500円相当が還元

・PayPay
通常ポイント(23回)=4,600円相当が還元
全額還元(2回)=2,000円相当が還元
合計、6,600円相当が還元される可能性大

一体どっちを使ってる?

じゃあ、お前は一体どっちを使っているんだよ〜と言われそうだが、個人的にはLINE Pay=博打派だった。一回、2,000円相当のポイントバックを受けてからは、その快感が忘れられずに、使っていたが、満額還元(5,000円相当)を受けてからは、諦めてPayPayを使っている。

ちなみに、LINE Payのキャンペーンは3月31日で終了するが、次は楽天ペイのキャンペーンが開催されたりで、コード決済戦国時代に終わりは見えない。消費者としては嬉しい限りだが、いつまで体力が持つのか。

LINE Pay PayPay 比較
最新情報をチェックしよう!