乱立するスマホコード決済、どんな種類がある?

世界各国と比べるとキャッシュレス化の遅れている日本で今、コード決済の波がどんどん広がっている。

「LINE PAY」や「PayPay」などのコード決済サービスがしのぎを削り、シェアを伸ばそうと競い合っている最中で、今後も続々と業者がスマホ決済サービスに参入し、スマホ決済戦国時代に突入しようとしている。

今回は2019年現在使える代表的なコード決済サービスや、今後登場予定のコード決済サービスも紹介。これからどのコード決済サービスを使おうか悩んでいる方は、サービス内容の整理も含めてぜひ一度、チェックしてみて欲しい。

コード決済とは?

コード決済とは、ユーザーが持っているスマホでバーコードなどを表示して、店舗やネットサービスの料金支払いができるサービスのこと。

従来は、ICチップ決済型(スマホ内のICチップと店舗のICリーダーを近づけて通信、決済を行うタイプ)が主流だったが、これに加わる形で、QRコード・バーコード決済型(スマホ画面に表示したバーコードやQRコードを店舗で読み取ったりして決済を行うタイプ)の2種類が増えてきた。

現在、コード決済サービス数が増えているのは、ユーザーのスマホにICチップが内蔵されていなくても利用可能なことや、導入コストがICチップ決済型より低いためである。

コード決済のメリット

コード決済には、次のようなメリットがある。

  • スマホで簡単に支払える
  • 現金やカードの持ち運びがいらない
  • 導入も簡単
  • キャンペーンが多い

スマホで簡単に支払える

コード決済が普及してきている一番の理由がスマホだけで簡単に料金支払いができる点。

普段、スマホは移動中も持ち歩くもの。しかも手に持っている場面が多い。このスマホでサッと決済ができるので、現金のように財布から出したり、クレジットカードやデビッドカード、プリペイドカードのようにカードケースから出したりする手間が一切ない。決済も機器を介して一瞬で終わる。

手間なく簡単に決済できる圧倒的な利便性が、コード決済のメリットだ。

現金やカードの持ち運びがいらない

コード決済で料金支払いを行えば、現金やカードを持ち運ぶ必要性がない。現金やキャッシュカードというのは財布やケース内でかさばる。日本人は1人当りのキャッシュカード保有数が多いため、管理するのも億劫になりがちだ。

コード決済を使えば、スマホに決済を一元化できるので、現金やカードのように管理に手間取ることはなくなる。

導入が簡単

クレジットカードの場合、審査があるため、申込みから利用開始まで何週間か待つ必要がある。すぐ利用を始めたいのにできないと困る場面というのは意外に多い。

コード決済では、まずアプリをスマホへダウンロード。携帯電話番号認証などでセキュリティチェックをすればすぐ利用開始できる。

利用可能な場面も店舗規模問わず増えているので、決済できなくて困ったという場面も少なくなってきている。

キャンペーンが多い

後述もするがコード決済というのはキャンペーンも定期的に開催されている。

最近でいうとPayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」や「やたら当たるくじ」LINE PAYの「提携店舗でLINE PAYを使うと20%還元キャンペーン」などだ。

「Origami Pay」や「LINE PAY」などでは定期的に割引クーポンや無料クーポンを配布している。

このように、コード決済サービスはキャンペーンには事欠かず、うまく利用すれば、かなりお得に利用できる。

現在利用できるコード決済まとめ

ここからは、2019年現在使える代表的なコード決済を表形式でまとめていく。

  • LINE Pay
  • PayPay
  • d払い
  • Origami Pay
  • 楽天ペイ
  • Amazon Pay

LINE Pay

「LINE Pay」は、SNS大手の「LINE株式会社」が運営するスマホ決済サービス。

2014年12月にサービスを開始し、「LINE」アプリ内ですぐ起動できるなどの利便性で人気を博している。

SNS会社のコード決済だけに個人間での送金システムにも対応しており、セキュリティ性も高い。

利用可能店舗(2019年3月時点) ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、和民、LOFTなど
銀行との紐づけ 可能
ポイント還元率 0.5%(200円ごとに1LINE POINT)
個人間送金 可能
キャンペーン 提携店舗での支払いで20%還元、はじめて銀行から1000円以上のチャージで500円分プレゼント

PayPay

PayPayは「ソフトバンク株式会社」と「ヤフー株式会社」が提携して創立した「PayPay株式会社」が運営するコード決済サービス。

2018年10月開始と、サービス開始から日が浅いにも関わらず、前述の100億円キャンペーンや500円分残高の無料プレゼントなど、大胆なキャンペーンを実施してシェアを一気に拡大。2019年2年時点では利用者数が400万人を突破している今注目のサービスだ。

利用可能店舗(2019年3月時点) ファミリーマート、ミニストップ、ヤマダ電機、エディオン、ドラッグイレブンなど
銀行との紐づけ 可能
ポイント還元率 0.5%(200円ごとに「1PayPayボーナス」として付与)
個人間送金 可能
キャンペーン 100億円あげちゃうキャンペーン、初回登録で500円相当の残高プレゼント

d払い

「d払い」は「株式会社ドコモ」が運営しているコード決済サービス。

2018年4月からサービスを開始した。「dアカウント」を持っていれば誰でも利用可能であるが、ドコモ契約者であれば携帯料金といっしょに自動引き落としなど、利便性がさらに高まる。

利用可能店舗(2019年3月時点) ファミリーマート、ミニストップ、ポプラ、マツモトキヨシ、メガネスーパーなど
銀行との紐づけ 可能
ポイント還元率 0.5%(200円ごとに「1dポイント」として付与)
個人間送金 不可
キャンペーン dポイント40倍還元キャンペーン、アプリの初登録と初支払いで合計1000dポイントプレゼント

Origami Pay

「Origami Pay」は、ベンチャー企業である「株式会社Origami」が提供するコード決済サービス。

2016年5月からサービス開始している。2018年9月からローソンで利用できるようになったことなどから、地方でも知名度が上昇。

今後も加盟店を広げていく予定だ。

利用可能店舗(2019年3月時点) ローソン、吉野家、ケンタッキー(関西の店舗など一部限定)、パルコ、Right-onなど
銀行との紐づけ 可能
ポイント還元率 なし(クーポンが不定期で配布されている)
個人間送金 可能
キャンペーン クレジットカードとの連携でローソンの「大きなツインシュー」 プレゼント

楽天ペイ

「楽天ペイ」は「楽天株式会社」が運営するコード決済サービス。

コード決済サービスとしてアプリが提供される前からサービス自体は開始しており、2008年10月からある。

アプリ提供が開始され、コード決済が可能になったのが2016年10月から。現在最も利用者数の多いコード決済サービスであり、加盟店が多いのも特徴である。

利用可能店舗(2019年3月時点) ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、ポプラ、ピザーラ、はるやまなど
銀行との紐づけ 不可
ポイント還元率 0.5%(200円支払いごとに「1楽天スーパーポイント」が付与)
個人間送金 不可(今後追加を予定)
キャンペーン ローソン、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップでの初利用で最大800円分を還元

Amazon Pay

「Amazon Pay」は大手ネットショッピングサービス「Amazon」が提供するネットおよびコード決済サービス。

当初はネットサービス専用の決済サービスだったが、2018年8月から実店舗でも利用が可能になった。中小規模の店舗を中心に利用が広まりつつある。

利用可能店舗(2019年3月時点) 中小の小売店を中心に利用可能
銀行との紐づけ 不可
ポイント還元率 なし
個人間送金 不可
キャンペーン なし

 

今後も続々登場!さまざまな「Pay」サービス

ここでは今後サービス開始が予定されているコード決済サービスについて紹介していく。

  • ゆうちょペイ
  • Jコインペイ
  • メルペイ
  • ローソンスマホレジ
  • セブンペイ
  • ファミペイ

ゆうちょペイ

「ゆうちょペイ」は「日本郵政株式会社」が提供予定のコード決済サービス。2019年5月からの運用を予定している。

「ゆうちょ銀行」の総合口座を持っているユーザーなら誰でも利用可能。利用限度額を任意で設定できることや、日本郵政株式会社のサービスであるなど、安全性を売りにしてシェアを伸ばしていくようだ。

利用可能店舗(2019年3月時点) 不明
銀行との紐づけ 可能
ポイント還元率 現在公表なし
個人間送金 現在公表なし
キャンペーン 現在公表なし

Jコインペイ

「Jコインペイ」は大手金融機関「みずほ銀行」が提供するコード決済サービス。2019年3月1日からみずほ銀行グループで利用可能になり、3月25日からは本格的に運用を開始する。

こちらもゆうちょペイと同じく、大手銀行による信頼性とセキュリティの高さなどを売りに販路を拡大していく寸法のようだ。

利用可能店舗(2019年3月時点) ファミリーマート、コスモ石油、ヤマダ電機、ビックカメラなど(全て予定)
銀行との紐づけ 可能
ポイント還元率 現在公表なし
個人間送金 現在公表なし
キャンペーン 現在公表なし

メルペイ

「メルペイ」は大手フリマサービス「株式会社メルカリ」が創立した「株式会社メルペイ」が提供しているコード決済サービス。

メルカリで稼いだ売掛金をメルカリアプリからすぐ使えるなどの点から、メルカリ出品者を中心に広まりつつある。なお、コンビニなどで支払いをする際には、ドコモの「iD」の仕組みを用している。

利用可能店舗(2019年3月時点) セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ガスト、マクドナルド、イオンなど
銀行との紐づけ 可能
ポイント還元率 なし
個人間送金 なし
キャンペーン なし

ローソンスマホレジ

「ローソンスマホレジ」は「株式会社ローソン」が提供するコード決済サービス。2018年4月からサービスを開始した。

このコード決済アプリの特徴は「無人で決済を済ませられる」点。

購入したい商品をQRコードで読み取り、ローソンスマホレジ専用機器でQRコードをかざすだけで支払いが可能。東京を中心に地方にも順次サービスを拡大していく予定だ。

利用可能店舗(2019年3月時点) ローソンスマホレジに対応しているローソンの店舗
銀行との紐づけ 不可
ポイント還元率 LINE PAYなど、決済時に利用したサービスの還元率に準する
個人間送金 なし
キャンペーン なし

セブンペイ

「セブンペイ」は「セブン&アイホールディングス」が創立した「株式会社セブンペイ」が提供予定のコード決済サービス。2019年春ごろ開始予定だ。

利用可能店舗(2019年3月時点) 不明(「セブンイレブン」など、セブン&アイホールディングスグループを中心に拡大?)
銀行との紐づけ 不明
ポイント還元率 不明
個人間送金 不明
キャンペーン 不明

ファミペイ

「ファミペイ」は「株式会社ファミリーマート」が提供予定のコード決済サービス。2019年7月から稼働予定だ。

利用可能店舗(2019年3月時点) 不明(「ファミリーマート」などを中心に拡大?)
銀行との紐づけ 不明
ポイント還元率 不明(「Tポイント」と連携予定)
個人間送金 不明
キャンペーン 不明

まとめ

今回は2019年現在使えるコード決済サービスや、今後予定のサービスを紹介してきた。

スマホ決済は、ユーザーも、店舗も手軽に導入できるため、今後も新サービスやキャンペーンが続々と登場する可能性が高い。

この記事を参考に、ぜひ自分に合ったコード決済サービスを見つけてほしい。

コード決済 スマートフォン QRコード
最新情報をチェックしよう!