楽天ペイ、個人間の送金「楽天キャッシュ」が利用可能に

楽天は、3月18日にコード決済サービス「楽天ペイの大幅アップデートを行い、個人間での送金が可能な「楽天キャッシュ」サービスを開始した。

オンライン電子マネー「楽天キャッシュ」を利用

楽天ペイでの個人間送金は、現金を利用するのではなく、「楽天キャッシュ」とよばれるオンライン上の電子マネーを利用する。

「楽天キャッシュ」は、楽天会員向けの楽天グループ各種サービスや、「楽天ペイ(アプリ決済)」に加盟する街の店で利用できるオンライン電子マネー。フリマアプリ「ラクマ」では、2018年7月より導入されていたので、見たことがある方は多いかもしれない。

なお、「楽天キャッシュ」を利用するには、「楽天キャッシュ」のチャージが必要。チャージにはクレジットカードを登録する必要がある。

「楽天キャッシュ」のチャージ、楽天カード以外も可能?

「楽天キャッシュ」のチャージだが、楽天カード以外でも利用可能だ。

しかし、現在、楽天は楽天キャッシュを楽天カードを用いて1000円以上チャージした人の中から、1日あたり100名に1000ポイントがあたるキャンペーンを開催しているので、楽天カードを持っているのであれば、楽天カードからチャージしたほうが確実にお得だ。

個人間送金はLINE Pay、ペイペイに続く参入

個人間の送金機能は、こうしたコード決済ひいてはスマホ決済を財布代わりに使う人にとっては、欠かせない機能になると思う。

すでに大手では、LINE Payペイペイが同機能を搭載しているが、海外ではAppleが個人間の送金サービスを展開しているので、今後はさらなる戦国時代が到来しそうな予感。

楽天ペイ 楽天キャッシュ 楽天カード
最新情報をチェックしよう!