日本でも発売決定かーーサムスン、折りたたみ式スマホ「Galaxy Fold」発表

サムスンが現地時間20日に発表したスマートフォン「Galaxy Fold」が、何やらかっこいい。そこから感じる未来感。久しぶりに、心底触ってみたいと思うデバイスが登場した。

折りたたみ式スマホ「Galaxy Fold」とは?

Samsung-Galaxy-Fold
「Galaxy Fold」の背面

「Galaxy Fold」は、サムスンが2011年に初めて構想をはじめ、2018年にはちょっぴりお披露目。しかし、その全貌は掴みきれないまま、現在に至っていた。

そして、ついに現地時間20日の新製品発表イベントにて、正式発表。最大の特徴は、折りたためること。そして、三面ものディスプレイを搭載していること。

Samsung-Galaxy-Fold

ディスプレイは、フロント側がHD+ Super AMOLEDの4.6インチ、中面がQXGA+ Dynamic AMOLEDの7.3インチ。

KLIP!
これ、はっきり言って、めちゃくちゃキレイなディスプレイ・・・。しかも3枚も。

しかも、中面に搭載されているディスプレイは、折り曲げることが可能な「フレキシブルディスプレイ」を搭載している

Samsung-Galaxy-Fold

なんて未来的。ヒンジ(折り曲げる部分の金具)は一体どうなっているんだろう?

「Galaxy Fold」はカメラ性能も最高

「Galaxy Fold」は、抜かりない。

カメラは、合計6つものレンズを搭載。最高にこだわったであろうリアには、なんとトリプル(3つ)カメラを積んでいる

KLIP!
ちなみに、iPhoneはデュアル=2つ。

使っていないので、ここからは想像になるが、トリプルカメラとか、距離感の反映もスムーズで、もはやプロレベルの写真が(スマホで)サクサク撮れてしまうだろう・・・。

「Galaxy Fold」は、車のナビにもベストな選択

これは個人的な話だが、車のナビにも最適なんじゃないかと思う。

アップルのCarPlayも使いやすいが、正直、接続速度が今ひとつでマップアプリもあまり好きではない。

できれば、Google Mapのナビが使いたいし、反応速度的な意味でも、デバイス側で通信が直接可能なことが一番望ましい。

スマホでGoogle Mapを開いて、スピードメーターの前において使うことはあっても、なんだか画面が小さい。もう少し大きな画面があればなあ、と思っていたら、この端末が登場・・・

KLIP!
使わないときはしまって、インテリアはスッキリ、整然としていられる。理想的だ。

「Galaxy Fold」の日本発売はいつ?

そんな「Galaxy Fold」だが、おそらく日本でも発売される。

というのも、販売ページの日本語バージョンが、早くも登場しているからだ。

おそらく、これまでの経緯を含めても本命はドコモ

ただし、価格は米国で約22万円がアナウンスされており、日本でもそこまで変わらないことは確実。スマホに20万円・・・。いくらなんでもやりすぎだが、どうしたものやら。ちなみに、米国では4月26日発売。

最新情報をチェックしよう!