生命保険の中途解約は損をする!?生命保険の仕組みとは?

生命保険に加入する目的は、大きく分けて3つあると思う。

1つは、自分が亡くなった場合に家族に金融資産を残したいというもの。もう1つは、貯蓄を目的に加入するというもの。最後の1つは、その両方を目的に加入するというものだ。

生命保険には貯蓄型生命保険掛け捨て型生命保険の2種類あるが、一般的には貯蓄型生命保険が主流になりつつある。

自分が亡くなったとき、家族に金融資産を残したいから生命保険に加入するという場合は掛け捨て型生命保険への加入で良いが、貯蓄も兼ね備えようとした場合は、貯蓄性のある生命保険に加入する場合がほとんどである。

そうなると、ある疑問が生まれる。「貯蓄性のある生命保険は、中途解約をするとどうなるのか?」というものだ。

今回は、貯蓄性のある生命保険の中途解約は損をするのかという疑問に的を絞って紹介していく。

生命保険の仕組みとは?

生命保険 相談 医療保険

疑問に思ったことはないだろうか?

貯蓄型生命保険は自分の生命に関する補償を行ってくれる上に、満期時には実際に支払った合計保険料額以上の金額が戻ってくるのだから損のしようがない。生命保険会社は一体どこで儲けを出しているのだろうか?

簡単に言ってしまえば、生命保険会社は顧客から預かった保険料の一部を株や不動産、有価証券などで運用し、預かった保険料を増やしている

もちろん、顧客から預かった保険料を減らさないように、安全性・収益性・流動性・公共性の原則に基づいて運用を行っている。特に、安全性は重視されていて、保険業法でも運用に関する制限などが設けられているほどだ。

そんな貯蓄型生命保険の中には外貨建て生命保険という、ややリスキーな生命保険商品もあるが、一般的な生命保険の場合、運用リスクは生命保険会社が負うことになっているから契約者は特にリスクがない。

ただし、外貨建て生命保険は為替リスクを契約者自身が負うことになる点で、注意が必要である。

生命保険の中途解約は損をするのか?

生命保険 種類 簡単

では、生命保険の中途解約は損をするのだろうか?

これに対する答えは、生命保険の仕組みは理解してもらえたと思うが、それらを踏まえて考えると分かりやすいかもしれない。

生命保険会社は、払込期間において保険料が満額支払われることを前提に運用を行っているため、保険料払込期間中に解約してしまった場合には、保険会社が予定していた運用益を得ることができなくなってしまう

そのため、保険料払込期間中に解約をしてしまった場合には損をしてしまうことになる。貯蓄を目的に生命保険に加入していても、元本割れしてしまったら全く意味が無い。

だが、貯蓄型生命保険は保険料がとても高い。そして、特約などを付けると、さらに高額な保険料になってしまう場合がほとんどだ。

高額な保険料がゆえに、保険料を支払うことができず、保険料払込期間中に生命保険を解約してしまったり、自身の子供のために貯めていた教育資金に手を出す人もいる。

保険料の解約は最終手段として、保険契約を有効に継続させながら経済的負担を軽減する方法がいくつかあるので、それも紹介しておく。

生命保険を有効に継続させる方法とは?

生命保険の契約を有効に継続させながら経済的な負担を軽減させる方法は、実はいくつかある。

自動振替貸付制度

保険料の払込が困難な場合で、その状況が一時的な場合に有効なのが、この自動振替貸付制度というものだ。

この制度は、解約返戻金(解約時に帰ってくるお金)の範囲内で、保険料を自動的に振り替えてくれる制度である。面倒な手続きなどは特になく、保険会社が勝手に立て替え払いをしてくれるが、立て替えられた保険料には利息が付く点に注意が必要だ。

また、解約返戻金の額を上回った場合、立て替えができなくなって契約が失効してしまうこともあるので、あくまでも一時的な対策として考えるのが良いだろう。

延長保険

延長保険というのは、保険料の払込を終了させて、その時点での解約返戻金をもとに死亡保障のみの定期保険に変更する方法のことを言う。

つまり、解約返戻金をもとに定期保険に一時払いで加入するというイメージだ。もちろん一時払いで保険料を支払っているため、以後の保険料負担はなくなる。そして、死亡保障もしっかりとついてくるというメリットがある。

払済保険

払済保険延長保険は少し似ているように思うかもしれないが、全く違うものなので、しっかり把握しておいたほうが良いだろう。

払済保険とは、保険料の払込を終了させて、その時点での解約返戻金をもとに保障額の少ない保険に変更する方法を言う。

減額

減額とは、(読んで時のごとしかもしれないが)保険金額を減らすことを言う。保険金額が減額されれば、もちろん支払う保険料も安くなる。

保険料払込期間を延長する

また、保険料の払込期間を延長すれば月々支払う保険料が安くなる。

ただし、目先の保険料は安くなるが、トータル的に支払う保険料は高くなってしまうので、注意も必要だ。

部分解約

部分解約とは、その名の通り、加入している生命保険の一部を解約してしまう方法を言う。

生命保険に加入している人は、ほとんどの場合に特約を付けているのではないだろうか?

この特約などを解約することで、支払う保険料が軽減される。

ただし、複数の特約を契約している場合は、すべての特約を解約しなければいけない場合がある(※各生命保険会社によって異なる)ため、注意が必要である。

転換

転換とは、現在加入している生命保険契約を活用して、新たな保険に加入する方法のことを言う。「下取り」という呼び方をする場合もある。

基本的には、もとの契約を解約して、新たに契約を結ぶことになるので、転換を行う際には十分に検討した上で行ったほうが良いだろう。

契約者貸付制度

もし、不意にお金が必要になって、生命保険の解約を検討しているのであれば、解約返戻金を一定の範囲内で貸し付けてもらえる制度があるので、有効活用できればベストだ。

この貸付制度のことを契約者貸付制度というが、貸付を受けたお金に関しては利息が付く点に注意したい。

しかし、返済期限はとくに設けられておらず、満期までに返済してしまえばいいので、急な出費に対応するには良い選択かもしれない。

まとめ

生命保険会社は顧客から支払われた保険料で運用を行っているため、途中で解約した場合には損をしてしまう可能性が高い

今回紹介した生命保険契約を有効に継続させる方法を参考に、生命保険の解約は最終手段という考えでいるのが良いだろう。

生命保険は、人生において「マイホーム」の次に高い買い物だと言われている。だからこそ、しっかりと検討して自分の経済状況を把握した上で加入することをおすすめする。

なお、生命保険に加入する際には様々な保険の中から、契約者にベストな選択肢を提案してくれるファイナンシャル・プランナーへの相談がおすすめ。自身の経済状況などの相談も無料でできるので、気軽に利用してみると良いだろう。

 

生命保険 中途解約 損
最新情報をチェックしよう!