Tポイントで数百円から株が買える!SBIネオモバイル証券登場

最近、ポイント投資が流行っていますが、SBI証券も参入です。

SBI証券とCCCマーケティングが合弁会社として、「SBIネオモバイル証券」(ネオモバ)を設立。サービスを開始しています。

Tポイントで株が買える

SBIネオモバイル証券の一番の特徴は、Tポイントで株が買える点。すでに、楽天がポイント投資サービスをスタートして人気を集めていますが、それのTポイント版と考えると良いでしょう。

もちろん、Tポイントは1ポイント=1円相当。対象は、国内株式となっています。

1株単位=少額で購入が可能

通常、国内株式は100株単位で取引されますが、 「ネオモバ」では1株単位で購入可能。少額で投資がスタートできるという点が魅力です。

所有するTポイントだけで国内株式を購入されることも想定して、指定金額内で発注する注文方法も用意されています。

月額200円(実質無料)で取引し放題

通常、株式の取引では1回の取引ごとに手数料がかかります。これが嫌って人も結構多いですよね。

しかし、「ネオモバ」では、月間の売買代金50万円まで、月額200円(税抜)で何度でも取引可能。

さらに、毎月、期間固定Tポイント200ポイントが付与されるので、実質無料。サービス利用料100円(税抜)につきTポイント1ポイントが付与される点も魅力です。

ロボアドバイザーも導入

このほか、ネオモバでは、ウェルスナビが提供するロボアドバイザー「WealthNavi」をカスタマイズした「WealthNavi for ネオモバ」を導入。

目標金額を設定して、リスク許容度を計る6つの質問に答えるだけで、 ユーザーごとに最適な資産の組み合わせ(ポートフォリオ)の構築が可能となっています。投資初心者の場合は、どこの株式を購入すると良いのか分からないと思いますが、難しいことはロボットにお任せするというイメージです。

同サービスは、最低投資金額が1万円。自動積立も5,000円から設定可能となっています。

最新情報をチェックしよう!